地球元気村

トップページ地球元気村とは活動内容元気村特別講師陣元気村ブログフォトアルバムショッピングリンクお問い合わせ

元気村ブログ

トップページ > 元気村ブログ

現代に生きる縄文人、雨宮国広さんをご紹介します。

この人、雨宮国広さん。本物の大工さん。(地球元気村所属)

しかも石斧で家を建てる縄文の大工さんだ。

 

これまで幾つもの建物を石斧だけで建てて来たが、先月9月には一年前から手掛けてきた能登町真脇に本格的な縄文小屋を完成させた。写真参照。

 

石斧は鉄の斧に比べ、作業に20倍もの時間が掛かるが、その速度こそが人の心と体のリズムに合っているのだと雨宮さんは言う。現代人は石斧の数千倍もの速さを持つ様々な機械を使い効率よく作業を進めるが、その分のストレスは計り知れないものがあるらしい。

そんな風に建てられた住居の中で縄文人の暮らしは2万年もの長きに渡って営まれてきた。広い原野と色濃い自然の中で、温暖化も異常気象も無く、平和に暮らしてきた。

今、雨宮さんの夢への計画は着々と進んでいる。今年の秋から来年にかけ、丸太で作った舟を作り、それを使った海の航海に出る。実行は再来年。糸魚川から能登半島を一周する予定だが、出発点となるその糸魚川までは山梨の家に近い釈迦堂遺跡(笛吹市、全国一の土塁の出土量を誇り、縄文時代には数万人の生活があった?)辺りから「裸足」で歩いて向かう計画。笑。

 

既に訓練として裸足の生活は日常化し、これまで黒川鶏冠山には裸足でニ度も登った。食生活も努めて木の実を食べ、服装も常に縄文スタイルに拘る。

私たちの輝ける未来は、懐かしい過去にある。
ーーそんな言葉も聴こえてくる昨今、僕と地球元気村はそんな雨宮さんの行動と成果に大いに期待し、今後の社会の在り方を学びたい。

(雨宮さんは当面、NPO法人地球元気村を連絡窓口とし活動する)

2017年10月06日