地球元気村

トップページ地球元気村とは活動内容元気村特別講師陣元気村ブログフォトアルバムショッピングリンクお問い合わせ

元気村ブログ

トップページ > 元気村ブログ

只見町 災害ボランティア

7月末の豪雨で被災したNさん宅の子ども部屋の増築のお手伝いに、白井糺さん、赤尾昭三さん、高島昭彦さんが行ってくれました。先日の連休(3日間)で完成したそうです。

お疲れさまでした!

 

 

豪雨時には2階まですべて水に浸かってしまいました。

 

増築開始。赤尾さんです。

 

作業メンバー。左から 高島さん、白井さん、家主(Nさん)、赤尾さん

 

 

 

 

 

 

 

高島さん。

 

白井さん。

 

 

 

作業もほぼ完成。

 

出来上がりました!

 ↓ この笑顔!!!

2011年10月13日

地球元気村「元気お届けパック」について

地球元気村「元気お届けパック」につきまして、地球元気村本部事務局へ沢山のお問合わせをいただきましてありがとうございました。

 

あいにく連休中は、地球元気村のもう一つの被災地支援活動「がれきに学ぶ学校」(4回目)を開催しておりましたうえに、本日は一日中出張・打合せを行っており、皆様からのお問合せに応対する事が出来ず大変失礼をいたしました。

 

ここで、改めまして「元気お届けパック」について概略をご説明いたします。

 

「元気お届けパック」とはーーーー

被災地に行って何かお手伝いしたいけれど、様々な事情で今は行けない、、、という皆様。被災地でのボランティアだけが「支援」ではありません。

自宅にいながら、直接 被災者の方を支えることが出来る・・・ひとりひとりの「真心」をお届けするお手伝いをさせていただくシステムが「person to person 元気お届けパック」です。

という主旨で始めたものです。

**地球元気村では、南三陸町に「被災地支援活動のベースキャンプ」を設置し、4月から7月まで足かけ4ヶ月間にわたり、延べ900名のボランティア参加者とともに活動を行い、その期間中に約30件の「元気お届けパック」を配達してまいりました。が、7月半ばにベースキャンプ体制を解除いたしましたので、現在は新たな体制づくりを進めております。

 

そして、「元気お届けパック」のおおよその内容(流れ)はーーー

 

1、地球元気村の現地スタッフ(協力者)が、直接 被災者の方から『今、必要としている「生活必需品」』のオーダーを受けます。

*嗜好品・趣味の品・贅沢品は、オーダーを受ける段階でお断りしています。

 

2、そのオーダーが、地球元気村本部事務局に上がって来ます。

 

3、地球元気村本部事務局より、「支援者」(元気お届けパックを用意してくださる方)のおひとりにオーダーをメールまたはFAXにて流します。

*支援者は、元気村本部にて割り振らせていただきます。

 

4、「支援者」は、オーダーされた品物を揃えて、1の地球元気村現地スタッフに宅急便等でお送りください。

*送り先の住所は、オーダー表に記載されています。

 

5、1の地球元気村現地スタッフが、「元気お届けパック」を被災者の方にお届けします。

 

6、お届けが完了しましたら、地球元気村本部事務局より「支援者」に「配達完了」の旨をご連絡いたします。

 

つきましては、上記がスムースに流れる体制づくりを現在調整中ですので、主旨にご賛同いただき、ご支援いただける皆様は、大変申し訳ありませんが今しばらくお待ちいただきたくお願いいたします。決まり次第、当HPにてお知らせいたします。

また、オーダーも現在「ご用聞き中」であります。

 

以上

 

地球元気村本部事務局

 

2011年10月11日

南三陸町の大勢の子ども達との交流会

まっ青な青空の元、秋の爽やかな風を頬に受けながら、元気いっぱいに多彩なゲームや芋煮をやって交流会。

大声を上げて挨拶を交わす地元の子どもたちの元気な様子に一安心。

 


大人も子供もお年寄りも、みんなで元気を出して、未来に向けての新しい町造りが今から始まる。みんなで応援しよう!
 
風間深志
2011年10月09日

今月も「がれきの学校」の開校です。

南三陸の高台にある志津川中学校から津波に襲われた悲惨な町の状況を眺める今回(第四期生)の生徒達。

みんなテレビなどで見ていたものよりずっと凄い状況に言葉を失っていた。

風間深志

2011年10月08日

被災地に訪れる変なやつ?

 

 

晩秋を迎えて長塩谷の佐々木力さんも冬着に着替えて益々元気な様子。

右にいるのは広島から自転車に乗ってやってきた”旅する芸人”たかはしじゅん君21歳。

得意芸は?と聞くと、即座に「愛嬌」と答えた。

日本一周を終えたらコメディアンとしてデビューするとか?

 

明日からはまた「ガレキの学校」で、ここ長塩谷のお花畑は忙しくなる。

被災地はこれからの冬が本当の勝負になる。

2011年10月07日