地球元気村

トップページ地球元気村とは活動内容元気村特別講師陣元気村ブログフォトアルバムショッピングリンクお問い合わせ

元気村ブログ

トップページ > 元気村ブログ

元気村と縁のある方々が行っている活動のご紹介 その②

--------------------------------------------------------------------------
宮城県石巻市 一般社団法人イシノマキファーム
「農業を通じた地域コミュニティづくりやクラフトビール製造プロジェクト」

新規スタッフ募集中!

--------------------------------------------------------------------------

【是非ともご一読ください!】

http://drive.media/career/job/12667

 

(代表理事の高橋由佳氏より)

「イシノマキ・ファーム」は、仮設住宅や復興公営住宅に住む方々と、

不登校やひきこもりの若者が参加して、言葉でお互いの苦しさを語らなくても、

協同作業をすることで共に元気を取り戻していく場として、

長年使われていなかった休耕地を一から耕すところからスタートしました。

 

さらに活動を広げるために、一緒に働いてくれる人材を募集しております。

オフィス兼シェアハウスを無料で用意、給与は21.6万円/月、就業期間は1年間です。

その後も継続で当法人で雇用する予定です。

 

主にホップ栽培とクラフトビール作りを担っていただき、

移住覚悟という意気込みを持った方が大歓迎です。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

2017年3月14日

元気村と縁のある方々が行っている活動のご紹介 その①

--------------------------------------------------------------------------
東京都小笠原村 宮澤かれん さん
「病気や障がいを抱える子供達の手形を集め東京パラリンピックへ!」
支援者募集中!
--------------------------------------------------------------------------

【是非ともご一読ください!】
https://readyfor.jp/projects/handstamp

 

(風間村長より)
宮澤かれん・18歳。
小笠原諸島の母島に住む僕の友人、宮澤 貫さんの娘さんはこの春、
病気や障がいを抱える子ども達の声を届けるために始まった、
「ハンドスタンプアート」の特派員として、高校卒業と同時に世界へ飛び出す。

 

医療・介護のネットワークづくりに貢献するとともに、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式にて、
10万人のスタンプでハートを描き、様々な苦境に身を置く子ども達の、
存在と共生を世界中にアピールすることが目的だ。

 

旅はこの春の3月25日から丸一年間で、資金の工面に奔走中。
残り15日間でクリア率は42%、是が非とも達成させてあげたい。これからが重要だ。
一人でも多くの方々に応援してもらいたいです、皆様よろしくお願いします。

 

2017年3月09日

風間村長ラジオ出演 2/9(木)14:05~ NHKラジオ第1

●日時:2/9(木)14:05~15:50(生放送)

●チャンネル:NHKラジオ第1

       お住まいの地区の周波数のご確認

 ※ラジオが無くても携帯やパソコンで聴けます。

       NHKのネットラジオ「らじる☆らじる」

●番組名:ごごラジ!

         番組ホームページ

 

冒険の軌跡、左足が不自由になってからのチャレンジ、

息子に同行した1月のダカールラリー・ラリー、

2020年に実行予定の世界的ビッグプロジェクトなど、

その燃え続ける冒険スピリットをお伝えします。

全国どこでも聴けますので、よろしくお願いします!

2017年2月08日



2月6日(月)の毎日新聞に風間村長の記事が載ります

明日2月6日(月)の毎日新聞の『悼む』(いたむ)は、
風間村長が故・根津甚八さんの素顔や思い出話を綴ります。
村長の親友で、地球元気村発起人の一人であった根津さん。
きっと今頃、天国にある自然を楽しんでいることでしょう。

 

『悼む』ウェブはこちら
http://mainichi.jp/itamu/

2017年2月05日



バイクの話題です 風間親子テレビ出演のお知らせ

元気村と共に、村長のライフワークであるバイクの話ですが、

1月2日から14日、「世界一過酷な」ダカール・ラリー

(旧パリ・ダカ、村長が二輪部門日本人初出場者)に、

三男の晋之介(俳優・モトクロス国際A級)が出場し、

自身は監督として同行しました。

 

リタイア率30%を越えるサバイバルレースを見事完走、

日本史上初となる二輪部門での親子二世代完走という、

歴史にその名を刻む快挙を達成することができました。

 

そんな二人が生出演し、映像も交えながら熱戦の模様とその舞台裏を語りますので、

山梨の方限定になりますが、ぜひご覧いただければ幸いです。

 

 

2017年2月01日