前日から雨模様が心配された日曜日。
終始曇り空でしたが、イベント中は雨が降ることもなく、暑すぎず、農作業のしやすい一日となりました。

 

まずは除草作業開始。草刈り機3台ではたけの周りの草を、耕うん機(草を絡め取る刃がついている)と、

農具や手作業ではたけの中の作業。

 

        

 

はたけに行くと、、3月頃、植えたじゃがいもの葉がしおれているではありませんか!?

 

この一ヶ月間、「天空のはたけ」に何が起こったのでしょう?
元気村講師、農家の松土さんにお話を聞いたところ、梅雨入りが遅れているようで、日照りが続き、

雨がほとんど降っていないとのことでした。

 

枯れ果てているじゃがいもの葉っぱを引っこ抜き、その下を掘ってみると、小ぶりなじゃがいもが出てきました。
少し大きめのじゃがいもが出てきたときは嬉しくて、夢中で掘り続けました。
予想外でしたが、じゃがいもの収穫体験が始まりました。

中にはアリの大群にほぼ食べ尽くされているじゃがいもが何個かありました。甘くて美味しい証拠ですねー♪

 

 

青空ランチメニューは、豚しゃぶサラダ、そうめん、蛸と枝豆の炊き込みご飯でした。
黙々と仕事をして汗をかいた後の食事は、本当に美味しい!
と、皆さんおかわりをたくさんしてお腹いっぱい食べました。

 

午後の作業は、はたけを耕し大豆の種まきをするグループ、鹿よけネットの補修作業をするグループに別れて作業を始めました。

初めて触る耕うん機はずっしりと重く、1m進むのにやっとでした。慣れてくるとまっすぐ進めるようになりました。

とうもろこしの種が残っていたので、作物が育っていなかった部分をもう一度耕し、再度挑戦することになりました。

 

 

種まきを終えて帰るころには、雨がポツポツと降り始め、カラカラのはたけを潤してくれました。

 

ご参加頂いた元気村村民、皆さまのおかげで「天空のはたけ」は見違えるようにすっきりし、はたけらしくなりました。

鹿よけネットも完全に包囲され、安心して作物を育てることができます。

イベント当日前に来ていただき、除草作業していただいた元気村村民の方々もいらっしゃいました。

元気村スタッフ一同、皆さまのご協力にとても感謝しています。ありがとうございました!!

少々小さいけれど土の中で育ってくれたじゃがいもは甘くて中までホクホクして美味しかったです。(自宅にて調理)

 

来月行われる夏の収穫祭を是非お楽しみに♪