地球元気村

フォトアルバム

トップページ > フォトアルバム

10/5(土)”元気米”の稲刈り&稲干し体験

【元気米の稲刈り&稲干し体験】

日程:2019年10月5日(土)10:00~14:00

場所:地球元気村「水口の田んぼ」

 

清々しい秋空のもとの稲刈りと思いきや、30℃を超える猛暑の中の稲刈りとなりました。ですが、真夏と比べると少し涼しい風が吹き抜けています。

 

 

地球元気村「水口の田んぼ」に行ってみると、、、

金色の稲穂が風に揺れてきらきらととてもきれいでした。

 

 

今年の地球元気村”元気米”はたわわに実り、大豊作です!

 

 

開村式には、地球元気村の参加者の皆様と山梨小学校のこどもたち、山梨市役所の方々をはじめとする多くの方にお集まりいただきました。まずはじめ、山梨市長よりご挨拶。そして風間村長より、私たちの一番身近なお米について想像しながら稲刈りを体験してくださいとお話がありました。

 

 

 

ベテラン農家「松土さん」のご指導の下、みんなで一斉に稲刈りがスタート!

 

 

 

大人から子供まで皆楽しそうに稲を刈っていました。ご参加頂いたほぼ全員が稲刈りがはじめてでしたが、意外にも「稲刈りは力もいらず簡単だった!」という意見が多かったです。

 

 

 

 

刈った稲は稲わらでくくり、まとめて置いておきます。

 

 

皆で稲を刈るとあっという間に地面が見えるようになりました。

コツをつかむのが上手です!

 

 

稲刈りを終えると、稲穂を下にして一束一束干していきます。

 

 

天候次第ですが、稲は約1~2週間ほど天日干しをし、脱穀に入ります。

干している間台風が来ないことを祈ります!

 

 

ご参加頂きました皆様、田んぼの管理をずっとしてくださった地元農家の松戸さん、本当にどうもありがとうございました。

 

皆で一本一本手で植えた苗がすくすくと育ち、稲穂に成長し、稲を刈り、お米を調理し、 私たちがそれを食べる。そんな当たり前のサイクルの背景には、豊かな大地と水、生き物、太陽、人の手入れがあるからこそ成り立っています。そんなエネルギーたっぷりのお米を私たちは食べているのですから、”元氣”になること間違いなしですね^^

稲干し&脱穀後の新米の出来が楽しみです!!!

 

 

 

2019年10月08日

9/7 天空のはたけで大根の種まき体験!

【天空のはたけで大根の種まき体験!】

日程:2019年9月7日(土)

場所:地球元気村「天空のはたけ」(山梨市)

 

9月に入りましたが、残暑が厳しく暑い日が続いています。本日は冬の収穫祭に備え、 「大根の種まき」を行いました。

 

 

冬の大収穫を祈念して、3枚も畑を使用し大根の種を蒔いていきます。

 

 

種を蒔く畝をつくる人、種を蒔く人、土をかぶせる人、役割分担をしながらどんどん進めていきます。

 

 

 

余りの厚さに作業の途中、こまめに水分休憩。ポカリスエットが全身にしみわたりました。

 

 

 

本日の青空ランチは、「イタリアンそうめん」オリーブオイルとトマト・キュウリの角切りがたっぷり入った、おいし~いそうめんです。暑い日にぴったりのランチでした。

 

 

こちらは、関東では少し珍しい紅ショウガの天ぷら。

地球元気村のシェフ長谷川さんが特別に持ってきてくださいました。いつも美味しい料理をどうもありがとうございます!

 

そして村民の方が、廃材を使用して丈夫で立派なベンチを作ってきてくれました。

これが廃材からだなんて、、、大切に使わせていただきます!ありがとうございます。

 

 

ご参加いただきどうもありがとうございました。次回の天空のはたけでのイベント「大根の大収穫」は11/24(日)に開催予定です。

10/5(土)には地球元気村の水田にて「稲刈り&稲干し」も行いますので、是非遊びに来てください。

 

2019年9月11日

8/24・25 第3弾!べるがビルド&プレイ

【第3弾!べるがビルド&プレイ】

日程:2019年8月24日(土)・25日(日)

場所:べるが尾白の森キャンプ場 

 

 

これまで6月と7月に1泊2日の計4日間作業を行ってきました「べるがビルド&プレイ」。

いよいよの最終回となりました。

 

 

快晴のお天気の中、地球元気村の開村式が始まりました。

初めて参加される方も多く、まずは自己紹介。

 

 

⇑前回の続き:この状態からの作業スタートです。

 

 

アースバッグハウスの外壁へ白い漆喰を皆で塗っていきます。使用する漆喰は、日本プラスターの「うま~くヌレール」。ホイップ状の漆喰のため、初心者でも上手に楽しみながら使用することができました。触った感じも気持ちいい。

 

 

 

その次は、褐色の漆喰を重ねていきます。容器を見ると、まるでケチャップのよう!塗料の関係でこの色だけはこのユニークなチューブタイプの製品になるそうです。こちらも手で簡単に塗ることができました!

 

 

 

 

アースバッグハウスの内側では、木村さんが床を作成。肌触りが最高の「ObiRED」の杉うづくりを贅沢に使用しました。

 

 

地球元気村のシェフ長谷川さんと、新潟からご参加頂いた太田夫妻が昼食の準備に取り掛かります。本日のランチは、「流しそうめん」。暑い日に皆で食べる流しそうめんは本当においしかったです。

 

 

思わず笑顔がこぼれます。

 

 

 

午後は、屋根作りと内壁の漆喰塗装作業を行いました。

⇓写真は、初参加の彌生さんと講師(親方)の木村博明さん。

 

 

 

漆喰塗装作業は隙間が出来たり、凹凸ができないよう注意して塗っていきます。

 

 

本イベントは、1泊2日で行うため参加者の方はオートキャンプ場やバンガローに宿泊をします。キャンプ場の様子はこんな感じです(上記写真)。

 

夜もランプを囲い一緒に食事をするなど、参加者同士や職人さんたちとの交流も多いことも本イベントの魅力の一つだと感じました。

 

 

***************************************

 

2日目:8/25(日)

 

アースバッグハウスのドア作り。何色もの塗料を重ね、作りたてのドアをアンティーク仕立ての古いドアへと変えていきます。

 

 

塗装のプロの若林さんの指導の下、塗っては一度遠くから見るを繰り返し行います。途中こんなに白くしちゃっていいの?と参加者は不安になるほどの明るい色を重ねたりすることも。色を重ねたり、乾いたり、拭き取ったり、様々な過程を通して、想像もしていない色に変わる塗装はとても奥深いものです。

 

 

 

 

アースバッグハウス内装の仕上げ作業です。

明るく落ち着いた色の黄土色の漆喰を塗りました。

 

 

昼食後は、キャンプ場の圓藤さんが特別に「べるがキャンプ場内散策ツアー」を開催してくださいました。べるがの敷地は東京ドーム6個分もあり、様々なアクテビティ―を楽しむことができます。詳しくは、下記べるがのHPをご覧ください。

https://www.verga.jp/

 

 

 

 

敷地内には、透き通った尾白川が流れ、川遊びも楽しめます。

 

 

お散歩から帰り作業再開。可愛い窓と屋根も取り付け完成まであと少し!

 

 

前回木村さんたち職人さんが手掛けた、天然木のゆがみを生かした屋根も完成です。

 

 

アースバッグハウスの完成と同時に、キャンプ場の圓藤さんが嬉しそうにライトを持ってきてくださいました。

 

 

完成したアースバッグハウスの写真です。親方も含め全員、アースバックハウス作りは初めてでしたが想像をはるかに超える素敵なお家が完成しました。そして、中もとても快適です。

 

 

うづくりの床が気持ちいいのでつい寝転ってみたくなります。

 

 

6日間にわたるアースバッグハウスも無事終了。

 

 

これまでを振り返り、みんな笑顔で閉村式を迎えました。

 

 

地球元気村の30周年記念として始まった「べるがビルド&プレイ」

特別講師:木村博明さん、監修:学研ドゥーパ!、会場・協力:べるが尾白の森キャンプ場そして、第1回~第3回までの6日間にお越しいただいた沢山の方々のご協力で本当に素晴らしいアースバッグハウスが完成しました。

一緒にアースバッグハウスを作り上げた皆様本当にどうもありがとうございました。

次回のアースバッグハウス作りも現在企画中ですので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

2019年8月29日

7/6・7 第2弾!べるがビルド&プレイ

【第2弾!べるがビルド&プレイ】

日程:2019年7月6日(土)・7日(日)

場所:べるが尾白の森キャンプ場 

 

自然と調和したモノづくりをコンセプトに始めたアースバッグハウスを作る「べるがビルド&プレイ」。第二回目の開催では、「天然木を使った屋根作り」、「ドア作り」、「土のう袋の壁の塗装」を行いました。

まずはじめに、本イベントの講師「木村博明」さんが屋根の作成に取り掛かります。

 

 

 

この時点でも天然木の重なりがとてもきれい。

屋根の作業はこの先からが大変です。

同時進行の作業では塗装のプロ「若林伸隆」さんの指導の下、下記の3つの手順で塗装を行っていきます。

~塗装の3工程~

①カチオンフィラー塗装

次の工程②モルタル塗装が土のう袋に接着するように下地材としてカチオンフィラーを刷毛で塗っていきます。

②モルタル塗装

カチオンフィラーが乾いたら、その上にちょうどよい硬さに練ったモルタルを、手を使って塗っていく。手で少しまとめて土のうと土のうの隙間に投げつけ奥までモルタルが入り込むように手の腹を使って上に押し込む。

③漆喰塗装

この作業は「第3弾!べるがビルド&プレイ」で行います。

 

 

 

 

 

 

作業合間に村越さんお手製の燻製が完成。こんなにおいしい燻製食べたことないです。

 

1日目のランチは、地球元気村スタッフ・野菜ソムリエプロの「村上由実」が考える、

参加者各自が好きな具材をトッピングして作る「DIYピザランチ」。みんなでわいわい楽しいランチとなりました!

なんとこのピザ窯も、木村博明さんが作成。

 

 

 

 

 

 

「第1弾!べるがビルド&プレイ」がDIYライフマガジン【ドゥーパ!】に掲載されました!雑誌を持つ方は、記事を編集してくださったドゥーパ!の「豊田大作」さん。取材だけでなく、作業も一緒に行っています。

ドアと窓枠作成班。こちらもなんだか楽しそう。

天然木を使ったドアノブがポイント。

嬉しさのあまり、、?

 

木村さんが一本一本形の違う歪んだ天然木にそって屋根の板を張っていきます。板を長さを計測しては、ちょうどよい長さにカット。かなり難しい作業ですが、どんどん進めていきます。

 

もう少しです!

 

屋根の完成です!親方の木村さん、陰山さん本当にお疲れ様でした!

気の遠くなる作業ですが、作業が早すぎる木村さんなので2日間で終えることができました。

(1日目集合写真)

 

 

(2日目集合写真)

 

皆さま本当にお疲れ様でした!

次回はいよいよ最終完成です!まだ第1回も、第2回も参加したことないという方も是非、遊びにいらしてください。最終回だけでも絶対に楽しめます^^

 

最終回のべるがビルド&プレイは8/24(土)・25(日)に開催です。

完成が楽しみです。

 

2019年7月09日

6/29 天空のはたけでじゃがいも掘り!

【天空のはたけでじゃがいも掘り!】

日程:2019年6月29日(土)

場所:地球元気村「天空のはたけ」

今年は例年よりも早いじゃがいも掘りの開催です。

 

 

 

 

小ぶりのものも多いですが、たくさん採れました!

 

 

 

腰の高さくらいまで草が伸びています。草刈り機4台を投じての草かり作業。

 

作物の間は手で草を取ります。

 

5月上旬に植えたスイカが、小さな実を10個ほどつけていました!

収穫後はスイカ割りを予定しています。楽しみです!

 

枝豆の白い花。

 

とうろこしもすくすく成長。

じゃがいもの収穫を頑張ったショーコちゃん!アラレちゃんの帽子が似合ってます^^

 

地球元気村の看板犬「はく」。

 

 

 

収穫後は、採れ立てのじゃがいもをシンプルに素揚げしていただきます。

 

その場で作ったポテトチップスも、こんなにおいしくなるの?と驚くほどの味でした。

 

本日のイベントは、ランチは参加者が各自持参。参加者それぞれが畑で採ったばかりのじゃがいもを使ったアウトドア料理を楽しみました!

2019年6月29日